プライベートの料理教室 private Kochkurse

 japanisches Gericht, Seminar  Comments Off on プライベートの料理教室 private Kochkurse
Jul 232016
 

Ich gebe Kochkurse in Kochstudios und an Volkshochschulen. Viele Leute haben keine Zeit an den Terminen, oder es gibt keine freien Plätze mehr, deshalb wenden sie ich direkt an mich, ob ich ihnen einen privaten Kochkurs anbieten könnte. Terminlich ist es nicht immer einfach, aber wenn alle Bedingungen erlauben, gebe ich private Kochkurse.

私は料理講習を料理教室や「国民大学」と呼ばれる市が主催する学校で教えています。予定が合わなかったり、すでに定員オーバーしていたりすると、どうしても料理が習いたい人は私に直接連絡をしてきます。スケジュール上、いつも出来るわけではないが、もしすべての条件がそろえばプライベートの料理講習をしています。

Diesmal wollte ein Herr seiner Gattin zu ihrem Geburtstag einen Kochkurs schenken. Er arbeitet und sein Vater arbeitete in einer japanischen Filma, und als er und seine Gattin in Japan waren, waren sie von japanischem Essen sehr angetan. Sie wollten unbedingt Speisen außer Sushi kochen.

今回はあるドイツ人が奥さんの誕生日に料理講習をプレゼントしました。彼と彼のお父さんは日本の会社で働いていて、彼と奥さんが日本へ行ったときに、日本の料理にとても感銘を受けました。なので、ベルリンのどこでも食べれるお寿司以外の料理を作りたいと言ってきたのです。

Als ich noch in einem japanischen Restaurant gearbeitet habe, kam ein Deutscher, der damals in einer japanischen Filma gearbeitet hatte, mit seiner Gattin zum Essen. Und sein Sohn, der ebenfalls in einer japanischen Filma arbeitete, und seine Gattin wurden vom Vater zum Essen eingeladen. Ich habe an die Familie erinnert. Und diesmal, als ich den Auftrag erhalten habe, habe ich gedacht, dass der Auftragsgeber dieser Sohn wäre. Und meine Vermutung war richtig, und wir haben uns etwa 15 Jahren später wieder gesehen.  

私が昔働いていた日本レストランに、日本の会社で働いているドイツ人が奥さんと来ていました。また同じく、日本の会社で働いている彼の息子夫婦も食事に招待されていたので、彼らの事を覚えていました。今回この依頼をいただいた時に、もしかしたらこの家族の誰かだと思っていたら案の定息子さんの夫婦でした。約15年ぶりの再会です。

DSC_2927

Ich habe alle Speisen nicht fotografieren können, aber wir haben 6 Gerichte gekocht. Wir hätten wie in Japan alle Speisen auf getrennte Teller anrichten können, aber wenn wir es gemacht hätten wäre der Tisch zu voll, deshalb haben wir Speisen jeweils auf 2 Teller angerichtet. Außer 4 Gerichten hatten wir noch gebratenes Fleisch und gekochten Bambusreis. Ich denke, sie waren äußerst zufrieden.

すべての料理の写真を撮れませんでしたが、6品作りました。日本のようにそれぞれ一人前ずつ盛りつければ良かったのですが、テーブルがいっぱいになりそうだったので、それぞれの料理を2皿ずつに盛り込みました。この4品の他に焼肉とタケノコご飯を作りました。

DSC_2928

leicht gebratener roher Thunfisch / マグロたたき

DSC_2929

Tempura / 天ぷら

DSC_2930

gekochter Hijiki-Seetang/  ひじき

DSC_2931

Chrysantheme-Spinat und Möhre in Sesamsauce / 春菊と人参のゴマダレ掛け

 Posted by at 16:42

及ばざるは過ぎたるより勝れり (nur auf Japanisch)

 サッカー、原口元気  Comments Off on 及ばざるは過ぎたるより勝れり (nur auf Japanisch)
Jul 212016
 

約1年半のドイツ滞在を終え、西澤厚志が日本帰国を決意した。今頃は飛行機の中であろう。よりにもよって、つい最近クーデターのあったトルコ経由で、おまけに預け荷物の手続きをしていなくて、最後の最後まで私に何とかしてほしいと連絡をよこしてきていた。荷物は原口家にあるし、原口夫婦が何とかするであろう。わしゃ知らん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2014年11月30日に、原口元気くんの家にオリンピアスタジアムで行われるヘルタベルリンの試合のチケットを取りに行った。普段、誰もいないのを知っていても一応は他人の家なのでベルを鳴らしてから鍵を開けて部屋に入っていた私は、その日もそうした。しかし、誰もいないはずの家のドアが内側から開き、若い男性と女性が顔を出した。一人は厚志君、もう一人は元気くんの友達の友達。話を聞くと、厚志君は短期間イタリアでサッカーをしていたが、ケガをして試合には出ていなかったらしい。シーズンオフなので元気くんのところに遊びに来たようであるが、その彼がなんと、私の自由時間を1年半にかけて奪い取ってくれようとはその時は何も気が付かなかった。

10540888_581597821984174_1472336817_n

元気くんは2014年のシーズンが始まってから肩を負傷し、監督にも試合に出してもらえないなどという苦悩の日々を送っていた。そのころに突然現れた西澤厚志。私とチームメートの細貝選手しか話をする人はいなかったし、私たち二人に気を使ってあまり何も話せない元気くんが、厚志君という昔からの友達が現れたことによって少しずつ元気を取り戻してきたように思った。なくてはならない存在だ。

そして思わず羽目を外し、酔っぱらって私に変なメッセージを送ってきたり、写真を送ってきたり。そういう時間も大切である。

この西澤厚志、イタリアにいたのでイタリア語が出来ると言った。英語は、大学を出たにも関わらずすっごく下手であったが、イタリア語はケガをしている間に勉強したとのこと。ちょうどヘルタで選手の世話役をしている人物がイタリア人だったため、その彼とコンタクトを取ろうとして電話をしていたのだが、なんとまあ悲惨なイタリア語能力。見るに見かねて私がイタリア語で連絡を取ったありさま。最終的に練習参加させてもらったが、チームには呼んでもらえなかった。そんな時、歯が痛いと言いだし、私が病院について行く羽目に。「親知らず事件」で、ドイツの歯医者のお世話に。その時点ですでに私はこき使われていた。

2014年の冬はたんまりと雪が降った。ニーベンハイムという町のチームでサッカーをしている、もう一人の元気くんの友達も元気宅に転がり込んだ。加瀬光くんだ。原口家がもっと明るくなった。そして、元気くんが練習に行っている間、暇を持て余した二人は勝手にどこかのグランドの雪かきをして練習していたのだ。確かに雪かきをすると良いウォーミングアップが出来る。二人でどんなトレーニングをしたのかは、素人の私には全く想像が出来ない。

10893440_626489770796510_1995416257_n

BD 1094 DSC_0394

そして、すぐにクリスマスになった。ドイツのクリスマスは日本のそれと違ってとてもさみしいものがある。クリスマスイブは町は死んだも同然で、それに続く2日の祭日は、どこの店も閉まっていて、日本人であれば静かすぎてショックである。なので、元気くんが日本に帰って、ドイツに残った厚志くんと光くんをクリスマスの食事に誘った。この加瀬光という人物に初めて会った時もすでに「トラブル処理」させられる羽目になったのであるが、それはまた別の機会に書くとしよう。

何やかんやとやっているうちに、あーなってこーなって、西澤厚志はベルリンの4部リーグに入団が決まる。これは前代未聞のラッキーな運命であった。もし、彼がすぐにまたイタリアに帰っていれば、歯が痛くてしばらくドイツにとどまらなかったら、、、、などという考えから、ドイツのある新聞が「西澤厚志は親知らずを抜くためにドイツにとどまり、そしてチームに入れた」というエピソードを書いた。まあ、事実である。

DSC_0515

彼にとってはとても良い経験が出来たと思う。彼は大学卒業まで優秀な選手で、日本人の中でサッカーをしてきた。しかし。ドイツのサッカー界という厳しい世界で、日本人の選手のほとんどが言葉が出来ないということと、考え方も習慣も全く違うという各国のプレーヤーが一つのチームにいるという現実が一つの壁となってやってくる。厚志君もとても悩んだようだった。

19808_1413221838985448_7345578851888800623_n 20389_1417723445201954_6952819631322670184_n

厚志君はベルリンのチームとの契約を終えて、次のチーム探しをしたのである。その当時ベルリンの代理人会社に次のチームの斡旋をお願いしていて、いくつかのチームに入団可能であったが、自分の理想とするチームを見つけらなかった。私にも、チームを探してくれとお願いが来たが、電話をかけまくっても良い知らせは全くなかった。そして厚志君は最終的に半年間サッカーから離れた。私は素人なので、私の考えはきっと受け入れられないと思うが、理想でないチームであっても、毎日体を動かしたり試合に出ないと、選手として感が鈍ると思っている。しかし、その考えは素人の私が一人のサッカー選手に押し付けることは出来ない。

そして、半年が経ったある日、厚志君がベルリン中心街から40キロ離れた場所でサッカーを再開するという連絡をもらう。その町には私が昔所属していたゴルフクラブがあり、ベルリン郊外に住む私たち夫婦の税務署や労働局もある。なので、家から20キロ離れているその町は私たちの庭とも言っても良い。

4849842

半年間サッカーをしていなかった厚志君ではあるが、感は鈍っていなかったようである。しかし、表面上そう見えた彼でも、多国籍のメンバーがいるチームで、日本人の考え方をもって臨むことは、難しいものがあった。精神的な面もそうであるが、半年間のブランクで、体にも何らかの変化があったのだろう。スポーツ選手が3日間休むと1週間以上の遅れがあるという。なので、体調に異変を感じて毎日を過ごしていた。

「及ばざるは過ぎたるより勝れり」というのは厚志君のお父様のお言葉。

心残りがあるかもしれないが、スポーツ選手の現役寿命は短いもの。厚志君の他にも数人のサッカー選手がサッカーをやめたのを目の当たりにしてきた。引き際も大切である。

これから、新しい人生を歩むことになるが、ドイツでの経験を生かし、新しいことに挑戦して欲しい。体力は人一倍あるはずである。私のように高校生のころまで病弱で思う存分の事が出来なかった人間から比べると、5倍も10倍も体力があってなんでも挑戦できると思う。

いつもポジティブな考えをもって歩んでほしい。

 Posted by at 15:09

運転免許 der deutsche Führerschein

 Sonstiges  Comments Off on 運転免許 der deutsche Führerschein
Jul 182016
 

DSC_2918

Vor 26 Jahren habe ich deutschen Führerschein gemacht. Damals war meine Deutschkenntnis sehr bedürftig, aber irgendwie habe ich geschafft.

26年前にドイツで自動車免許を取りました。あの頃、私のドイツ語能力は大したことなかったのですが、何とかやってのけれました。

Der Führerschein meines Mannes ist nicht mehr lesbar, weil er durch Schweiß etwas weicher geworden ist, deshalb haben wir uns entschlossen, neuen Führerschein zu beantragen.

うちのダンナの免許書は、汗などで紙が柔らかくなっていて書いてある文字が読めなくなってしまっているので、ついでなので二人して新しい免許証に書き換えてもらいに行きました。(ドイツの免許証は一度取得すると車に乗るのが不可能になるまで使え、書き換えは必要ありません。ちなみに新しい免許証はカード式になっています。)

DSC_2920

In Berlin muss man einen Termin für den Besuch eines Bürgeramts vereinbaren, und man sollte mindestens 2 Monate bis zum Termin warten. Unser Wohnort, ein Paar Hundertmeter außerhalb von Berlin, gehört zur Gemeinde Hoppegarten. Wir waren heute ohne Verabredung gegen 11 Uhr Vormittag im Bürgeramt (bei uns Bürgerbüro).

ベルリン市内であったら、まずは市役所に行くのにアポを取らなければならないが、そのアポは早くて2か月後である。私たちが住んでいるのはベルリンから数百メーター郊外で、違う管轄になる。今日はアポのないまま市役所に午前11時に行った。

DSC_2922

Wir haben eine Wartenummer gezogen. Eine Dame, die Nr. 744 hatte, war im Büro , und ein Herr mit der Nummer 745 wartete im Wartezimmer. Unsere Nummer wurde auch sehr schnell aufgerufen worden, wir haben alle nötigen Unterlagen vorgelegt, die Gebühr bezahlt und nach Hause gefahren. Alles dauerte nur 30 Minuten. Ich freue mich nicht in Berlin zu wohnen.

待合番号を引きました。事務所の中には744の番号を持った女性がいました。待合室で待っていたのは745の番号を持った男性だけ。私たちは746番で、すぐに呼ばれました。免許書き換えに必要な書類は準備して行ったのでそれらを提出し、手数料を払い、家に帰りました。すべて30分以内に済みました。ベルリン市内に住んでいなくて良かったです。

 Posted by at 23:29

サッカー選手よ考えろ japanische Fußballer, Ihr müsst denken (nur auf Japanisch)

 サッカー、原口元気  Comments Off on サッカー選手よ考えろ japanische Fußballer, Ihr müsst denken (nur auf Japanisch)
Jul 182016
 

Genki zu Hause 002

サッカーをやっている諸君。外国を目指して頑張っている人もたくさんいるであろうが、よーく考えてほしい。

例えば君たちが、日本国内のどこかのサッカーチームの監督だったとする。そこに、つい最近までサッカーが盛んでなかった国から、日本で選手として働きたいとある選手が言ってくるとしよう。

その選手は祖国ではとても有名な選手かもしれない。しかし、彼は日本滞在のビザもなければ日本語も英語も出来ない。トレーニングに加わって日本人選手とやってみると、まあまあ出来る。しかし、言葉が通じないし習慣も違う。日本選手との協調性もない。そんな選手を君たち監督は、自分のチームの一員として取るであろうか???

それがドイツに来ている日本人サッカー選手の現実である。日本で活躍していて有名だからといって、ドイツで通用するはずがない。J1でやっている人でさえブンデスリーガは厳しい。

そんな中で、ドイツで認められる日本人選手とはどういう人たちなのだろうか。

彼らは昔の名声を超える努力をしている。例えば、大学サッカーをやっていた選手でも、ドイツ語を一生懸命勉強して、監督ともドイツ語だけでコミュニケーションを取っている。他にも、チームのトレーニング以外に自己トレーニングをしたり、言葉を勉強したり、食事療法をしたり、他の選手の試合を見に行って勉強したり。

夢を追いかけているうちは、甘い。現実を見てほしい。努力するのみ。

 

 

 Posted by at 16:44

世界の利き酒師 ein Sake-Sommelier der Welt

 Feinkost, Getränke, Sonstiges  Comments Off on 世界の利き酒師 ein Sake-Sommelier der Welt
Jul 152016
 

世界唎酒師コンクール掲載記事(FBOもてなしびと)

Bitte die obere Zeile klicken, um einen Artikel über den Sake-Sommelier-Wettbewerb 2014 zu lesen (leider nur auf Japanisch).

2014年の利き酒コンクールの入賞者の記事は、上記の部分をクリックすると見れます。 

DSC_2904

Heute hatte ich eine Verabredung mit Herrn Numata, dem 2. Platz Gewinner des Welt-Sake-Sommelier-Wettbewerbs 2014. Wir haben über dies und das über Sake gesprochen.

今日は2014年、世界日本酒利き酒師コンクールで2位になった沼田さんにお会いしてお話を伺う機会がありました。私たちはお酒やいろんなことについて語り合いました。

Herr Numata hat mir 4 verschiedene Sakesorten mitgebracht, die ich noch nie probiert habe. Auch wenn ich nach der Verabredung und dem großen Einkauf müde war, habe ich aus Neugier die Sakesorten probiert. Ich muss aber vorher sagen, dass ich sie bei Zimmertemperatur getrunken habe. Bitte nicht von meiner Bewertung beeinflüßen lassen.

沼田さんは私に、これまで飲んだことのない4種類のお酒をくださいました。お会いしたあと、私は大きな買い物で街を駆けずり回ってとても疲れていましたが、興味が旺盛な私は、コンディションも考えずにこのお酒を飲んでみました。前もってお伝えしますが、すべて室温で試しました。私はきき酒が出来ない人なので、私のコメントに左右されないでください。

DSC_2906

Koinokawa (leichte Süße, runder Geschmack, leichter Herb Geschmack, wenig Säure, vom Anfang bis Ende bleiben gleiche Eigenschaften)

恋の川(甘味、まろやかな味、ほのかな辛味、酸は少ない、初めから終わりまで同じ味の要素が持続する)

DSC_2907

trüber Hiokizakura (Ich habe so etwas noch nie getrunken. Er ist frisch wie bei Johgurt.)

日置桜, にごり(このような濁り酒は初めて飲みました。フレッシュなヨーグルトの味です。)

DSC_2908

Daina (zu erst leicht, frisch, der Geschmack wird trockner, immer mehr trockner)

大那(初めは柔らかく、すっきりした味で、後から辛味が出てきて、飲むたびに辛くなる)

DSC_2910

Hiokizakura (ein seltener Geschmack, der Geschmack der Hefe kommt hervor, es gibt Tiefe, knusprig)

日置桜(このお酒も初めての味です。酵母?の味が膨らみ、深みがあって香ばしい味です)

 

 

 Posted by at 17:46

夏の食事 Sommergerichte

 Seminar, Veranstaltung  Comments Off on 夏の食事 Sommergerichte
Jul 102016
 

Einen asiatischen Kochkurs habe ich bei Cookeria (www.cookeria.de) durchgeführt. Eigentlich habe ich keine Zeit bei Kochkursen Fotoaufnahme zu machen, aber es gibt ein neues Projekt, Heimatrezepte im Netz zu veröffentlichen, deshalb habe ich ein Paar Fotos gemacht.

Cookeriaという料理教室でアジアの料理講習をしました。本来なら料理講習中に写真を撮っている暇がないのですが、新しく、故郷のレシピーをネットで紹介しようというプロジェクトが出来たので、今のうちから写真を集めておこうと考えました。

Gekocht haben wir folgende Speisen (plus Nachtisch), die Asiaten gerne im Sommer essen.

作ったのは、アジア人が夏に好んで食べる料理です。

 

DSC_2911

Laksa (Tapiokanudelsuppe mit Schrimps und Kokosmilch) / エビ入りのラクサ

DSC_2913 DSC_2916

scharfe Garnelen und frittierte Wan Tan / エビチリと揚げワンタン

DSC_2918

Nudelsalat / 冷やし中華

DSC_2920

mit Austernsauce gebratene Pak Choi / パクチョイのオイスターソース炒め

DSC_2921

frittierter Fisch mit Thai-Curry / 揚げた白身とタイカレーソース

DSC_2924

Mapo Dofu (scharf gekochter Tofu) / 麻婆豆腐

Wir kochen nicht aus fertigen Saucen, sondern verwenden wir z.B. Szechuanpfeffer, eingelegte Schwarzbohnen, Trassi (Garnelenpaste), getrocknete Shrimps, Galgant, Zitronengras, Mirin, Sesamöl usw. So ein Kochkurs wäre auch für Asiaten interessant.

出来合いの調味料は使わず、山椒、塩をして発酵させた黒豆、トラッシ(エビのペースト)、乾燥エビ、ガルガント、レモングラス、みりん、ごま油などを使います。このような料理講習はアジア人にも興味深いことでしょう。

 Posted by at 21:28

シュプレー川のある避暑地 Spreewald, ein Kurort

 Ausflug, Reise  Comments Off on シュプレー川のある避暑地 Spreewald, ein Kurort
Jul 042016
 

DSC_2946

Mein Mann hatte auch 3 Tage frei, aber ich bin ohne ihn und mit einer Freundin eine kleine Reise unternommen. Im Spreewald war ich noch nie, deshalb sind wir nach Burg und Cottbus gefahren. Es ist nur um 120 km von Berlin entfernt, und wir haben mehrere Neuigkeiten gefunden. Vor allem war eine Fremdsprache, die von Sorben verwendet wird. Und die Landschaft war anderes und sehr schön.

うちのダンナも3日間の休みがありましたが、今回は私一人で女性の友達と一緒に小旅行を楽しみました。ベルリンから南に約120キロ下ったところにあるブルクとこっとぶすに行ったのですが、いくつかの新しいものを発見しました。特にドイツの少数民族であるゾルベン族の言葉が標識のいたるところに書かれてあったり、自然が全く違ってきれいだったことです。

DSC_2904 DSC_2910

Wenn man im Spreewald ist, muss man einmal eine Kahnfahrt unternehmen. Die Kahne sind ohne Motor, und ein Herr hat das “Starken” übernommen.

シュプレー川の入り組んだ地域に行ったら、一度はカーンという船に乗ってみなければいけません。カーンにはモーターは備え付けられていず、船頭さんが漕いでくれます。

DSC_2907 DSC_2915

Es gab mehrere Banken (Brücken), Kahne in privatem Besitz, Schilder für Wasserstraßen und Ruhe.

いくつかの橋、住民が所要しているカーン、水路の標識、自然の中の静けさがありました。

DSC_2924 DSC_2913

DSC_2927 DSC_2916

DSC_2929 DSC_2919

Und viele Tiere und Fische waren auch zu sehen. Ein Eichhörnchen kam entlang eines Baumes unter und hat Wasser aus der Spree getrunken, ohne vor uns Angst zu haben.

たくさんの動物や魚を見ることが出来ます。1匹のリスが、私たちに驚きもしないで木の上から降りてきて、逆さまになったままシュプレー川の水を飲んでいました。

IMG-20160704-WA0000

DSC_2931 DSC_2932

Nach der Kahnfahrt haben wir sofort Mittag gegessen. In der Spree leben viele Fische, aber irgendwie habe ich Appetit auf Schweinesülze bekommen. Und Bier darf auch nicht fehlen.

カーンでの遊覧も終わりで、すぐにお昼ご飯を食べました。シュプレー川ではたくさんの魚がとれますが、何故か豚のゼラチン寄せが食べてくなって注文しました。そして、ビールは欠かせません。

DSC_2944 DSC_2936

DSC_2934

 

DSC_2937 DSC_2940

Wir haben uns auch die Umgebung angeschaut. In der Heimatstube Burg habe ich etwas interessantes entdeckt. Es ist nämlich eine Buttermaschiene von der Firma Miele!!

周りも散策し、郷土博物館では、今でも有名なミーレという会社が作ったバター作成機を発見!!

DSC_2938 DSC_2939

DSC_2941 DSC_2942

Am Nachmittag haben wir in einem Bio-Hotel wieder ein Bier getrunken, und am Abend haben wir in unserem Hotel (Hotel am Spreebogen) gegessen. Ich habe Zander genommen, und meine Freundin wieder Sülze. Das Hotel war gemütlich, sauber und schön, und das Essen war sehr lecker.

午後はあるビオホテルでビールを飲み、夜は私たちが泊まったホテル、アム、シュプレーボーゲンで食べました。私はツァンダーという淡水の白身の魚をたのみ、友達はまた豚肉のゼリー寄せ。ホテルはくつろげて、清潔できれいでした。料理もおいしかったです。

DSC_2943 DSC_2944

Am nächsten Tag haben wir vor dem Frühstück einen 40minütigen Sparziergang gemacht. Nach dem Frühstück wollten wir eigentlich einige Orte in Burg besuchen, aber am Montag sind viele Geschäfte und Museen geschlossen, deshalb sind wir nach Cottbus gefahren. Ich kenne Cottbus nur von der Fußballmannschaft. Die Stadt war klein und hübsch.  

次の日、朝食前に40分ぐらい散歩をしました。そして、もっと色んな店やミュージアムに行きたかったのですが、月曜日はお休みのところが多いのでコットブスに行くことにしました。コットブスはサッカーのチームがある事しか知りませんでした。町は小さくてかわいかったです。

DSC_2950 DSC_2951

Von Berlin sind viele schöne Orte zu erreichen. Ich werde mit meinem Mann mehrmals so einen kleinen Ausflug organisieren.

ベルリンからはたくさんのきれいな町に行けます。これからはもっと、うちのダンナと小旅行を楽しみたいと思います。

 

 Posted by at 23:06

ギャルソン編集部 Garçon, ein Magazin über die Esskultur

 Feinkost, Sonstiges  Comments Off on ギャルソン編集部 Garçon, ein Magazin über die Esskultur
Jun 302016
 

DSC_2915 DSC_2913

Ich habe die Redakteur von Garçon besucht. Ich kenne seit langem Redakteurin Yvonne Weinlich und Journalist Jörg Teuscher und habe ihnen ein Paar mal beim Schreiben über die asiatische Küche geholfen. Diesmal ging es um die japanische Schrift, und ich habe ein Bisschen am Computer gearbeitet.

ギャルソンという食に関する雑誌の編集部に行ってきました。編集長の女性とジャーナリストを昔から知っているため、これまでも何度かアジアの食文化にかんして記事を書くときにお手伝いしました。今回は日本語を書いてほしいと言われ、コンピューターの前で仕事をしてきました。

Jörg war in Mai in Japan und hat eine Insel in Mie-Präfektur besucht, wobei er vieles gesehen, gehört und gegessen hatte. Mehr darf ich nicht erzählen. Wenn das Magazin veröffentlicht ist, werde ich darüber schreiben.

ジャーナリストのヨーグは、5月に三重県のある島を訪れました。その時、いろんなものを見て、知って、食べたと言います。詳しいことはここではまだお知らせできません。雑誌が出来上がりましたら、追ってその内容をお知らせします。

 

 Posted by at 22:55

ドイツのギリシャ料理 griechische Restaurants in Deutschland

 サッカー、原口元気  Comments Off on ドイツのギリシャ料理 griechische Restaurants in Deutschland
Jun 262016
 

Dort, wo ich wohne, gibt es kein vernünftiges griechische Restaurant. Früher habe ich Grieche als Freunde gehabt, und das, was sie uns gekocht haben, war sehr lecker. Aber in vielen Restaurants wird das angeboten, was uns sehr salzig oder zu trocken schmeckt.

私たちが住む地域にはよいギリシャレストランがありません。昔、友達でギリシャ人がいて、おいしい料理を作ってくれました。しかし、レストランではいつも塩辛い料理や旨みがなくてかすかすの料理ばかりを提供しています。

DSC_2908 DSC_2910

Heute waren wir in Strausberg, wo Atsushi Nishizawa den letzten Tag verbringen wird. Mein Mann und ich waren bei ihm und haben gewagt, noch einmal zu Griechen zu gehen. Das Restaurant liegt direkt an einer Kreisverkehr in Nord Strausberg. Und es gab ein EM-Spiel Deutschland gegen Slowakei.

今日は西澤厚志君が最後の日を迎えるStrausbergという町に行きました。私とうちのダンナは、もう一度ギリシャ料理に挑戦しようと思い、その町の北にあるロータリーのそばのギリシャレストランに行きました。今日はEMのドイツ対スロバキアも18時からやっていました。

DSC_2904 DSC_2905

Ich wusste es, dass alle Speisen portionmäßig groß sind, deshalb haben wir nur zwei Vorspeisen und zwei Hauptgerichte für 3 Personen bestellt. Die Menge war genau richtig. Und die Gerichte haben meine Erwartung übertroffen. Vieles wurde frisch zubereitet, Tintenfischringe waren nicht aus dem TK-Fertigprodukt, Fleischsorten waren saftig. Die Bedienung war sehr nett, aber ich benötige keinen kostenlosen Uzo.

料理は大きなポーションで出てくると思ったので、3人で2つの前菜と2つのメインを頼みました。量はちょうど良かったです。そして、そこの料理は私の期待以上のものでした。それぞれその場で調理され、イカの揚げたものは冷凍食品ではなく、お肉も柔らかかったです。ウエイトレスも親切でしたが、どこのギリシャレストランでもやるようなウーゾーというお酒を何度もサービスすることはやめてほしいです。

 

DSC_2907 DSC_2906

 Posted by at 21:50

トマト Tomate

 Gemüse  Comments Off on トマト Tomate
Jun 212016
 

001

Als ich eine Seite von La cucina italiana gelesen habe, ist mir aufgefallen, dass die Tomate auf Italienisch “Goldene Äpfel” bedeutet.

ラ クチーナ イタリアーナという雑誌のある1ページをめくって気が付きました。トマト(ポモドーロ)はイタリア語で「金のリンゴ」という意味なのだと。

Die Tomate kam erst nach der Entdeckung von Amerika nach Europa. Auch in Asien wird sie sehr gerne angebaut und verzehrt.

トマトは、アメリカ大陸発見後にヨーロッパに持ち込まれ、アジアでも好んで栽培して食べています。

Gerade habe ich das Englisch-Japanisch-Wörterbuch aufgeschlagen und nach dem Wort “Tomato” gesucht. Das Wort bedeutet nicht nur das rote Gemüse, sondern auch “ein attraktives Mädchen”.

早速、英語の辞書を引っ張りだし、Tomatoという単語の意味を調べてみました。トマトはもちろん赤くて水分をたくさん含んでいて栄養素もある野菜(果物とも言われる)であるが、他にも「魅力的な女の子」という意味もあります。

Wenn ich das Wort “Pomo” lese, fällt mir das Wort “Pomme de Terre” ein. Es ist ein französisches Wort und heißt “Kartoffel”. Aber warum heißt die Kartoffel “Kartoffel (große und raue Nase)” auf Deutsch?  (^_^)

Pomoという単語を見ると、Pomme de Terreというフランス語の「地面のリンゴ(ジャガイモ)」という単語を思い浮かべます。しかしなぜ、ドイツ語でじゃがいもはKartoffelと言うのでしょう。別の意味に「ごつごつした大きな鼻」というのがあります。(笑)

 

 

 Posted by at 09:59